CHECK

神社結婚式とはどんなもの?気になる衣装や費用

このサイトでは神社結婚式とは何かを紹介しています。
神前式は、神社に祀られている神様の前で結婚式をおこなうことです。
衣装は白無垢や色打掛が多いです。
費用は、神社によりますが、10万円台から執り行うことができます。
記念写真は、境内などで新郎新婦で撮る場合や参列者を交えて集合写真を境内の中で撮影することが多いです。
披露宴は、神社に併設されている会場でおこなうことができる神社もありますが、会場がない場合は、提携施設で執り行える場合があります。

神社結婚式とはどんなもの?気になる衣装や費用

神社結婚式とは、神前式とも言われているもので、神様の前で結婚を誓うことになります。
神社結婚式は、最近カップルに人気の結婚式になりメリットが多くあります。
和装で執り行うことができるので、一生に一度の良い経験として想い出に残るので、神社結婚式を選ばれる方が多いです。
日本の伝統的な挙式を挙げることができるところが魅力になります。
神社によっては、十二単を着て結婚式を挙げることができるところもあって人気があります。
チャペルなどでおこなう結婚式よりも費用を抑えることができることも人気がある理由になります。
神社結婚式後もお宮参りや七五三などの祝い事に何度も訪れることができるので、挙式が終わっても参拝することができる点もメリットになります。

神社における神社結婚式の特徴とメリットについて

現在、新型コロナウイルスの感染拡大により、結婚式を始め多くの人々が集まるイベントなどは、中止や制限がかけられ結婚式を延期したりする人が多くなっておりとても憂慮される今日この頃です。
神社結婚式をはじめ、どのような形式の結婚式も人生の大きなイベントであり、一生に一度の門出を祝うものです。
さて、神社での結婚式は神様の神前の前で二人の愛を誓う、という最大の特徴があります。
これはとても厳かで天照大神という神様に対してこれから将来に向かって永久の幸せと愛を誓い、どんな時でも助け合い幸福な家庭を築くことを誓詞というものを新郎が読み上げることに大きな特徴があります。
神社結婚式という性格上、神社の場所は比較的広く緑の多い静かな厳かな場所に存在するのが一般的です。
また、神社結婚式の式典後は披露宴の祝宴をあげることも多くありますが、多くの神社では祝宴をする場所も併設されてて、メリットとして移動に際してもとても便利です。
コロナ禍で、密を避けるため人数制限をしたり通常とは違うイレギュラーな営業をしている神社結婚式もありますから、利用にあたっては充分に事前の連絡調整を行い、希望や要望を伝え予約をされますようお願いします。

有名人もたくさん執り行っている神社結婚式

昨今結婚式のスタイルも多種多様なものが見られるようになっています。
協会のチャペルや、巨大なリゾートホテルでの挙式に限らずレストランウエディングや海外挙式、和婚といわれる結婚式も人気になっているのです。
和婚の中でも神社結婚式は特に人気が高い結婚式です。
女優や歌手など有名人でもあえて神社結婚式を選択する人も珍しくありません。
神社結婚式の魅力は何といっても日本の伝統衣装である角隠しや白無垢、十二単を身に着けて結婚することが出来ることです。
日本人女性の素肌を白く見せてくれ、一番美しく演出することが可能となります。
参進の儀や祝詞奏上、三々九度に巫女の舞など神社結婚式でしか見られない独特の伝統文化を見ることも出来ます。
婚礼写真も朱塗りの舎利殿の前や鳥居の前で白無垢を身に着けて撮影することが出来るんです。
白色と赤色のコントラストが美しい印象的な記念撮影が出来るようになり、思い出深いものとなること間違いありません。

憧れの和装は神社結婚式がお勧めできます。

人生で最大のイベントと言っても過言ではない結婚式では、憧れの和装を着たいと思われる型も多くいらっしゃると思います。
結婚式は、従来は大型の結婚式場で大勢の人を招いて行うことが多かったのですが、近年は小さい会場で身内だけの少人数で行うことが注目されてきています。
その小規模の結婚式の中でも、神社結婚式が非常に注目を集めてきております。
神社結婚式は、厳格な雰囲気の中行われ、人生最大のイベントにふさわしい思い出になります。
そして、その神社に一番合った憧れの和装を着て式を挙げることができますので、一生に一度のイベントにふさわしい思い出を作ることができるのです。
洋風なウエディングドレスもいいですが、やはり日本人には和装がよいという方も、沢山いらっしゃいます。
来賓された方も、和の雰囲気に一層祝福されることでしょう。
是非、結婚式を挙げるなら神社結婚式を検討してみてください。
和装を着ることで最高の思い出になります。

神社結婚式はどのような流れになっているのか

近年注目されている結婚式のスタイルに神社結婚式があります。
神社結婚式は日本古来の神々に誓いを立てるものであり、日本にある神社の約半数で神前式が執り行われています。
神社結婚式は入退場を含めて約30分程度です。
流れは神式独自の儀式が多く、結婚の儀を告げる参進の儀から始まります。
このとき雅楽が演奏され、斎主と巫女に先導された花嫁行列が本殿まで進み、一同起立し、斎主によって祓詞とお清めのお祓いを受けます。
その後は祝詞奏上、三々九度で有名な誓杯の儀、巫女が雅楽に合わせて舞を奉納する神楽奉納が行われ、誓いの言葉を新郎新婦が読み上げます。
伝統にのっとって進みますが、その中であっても指輪交換や折り鶴シャワー、水合わせの儀などを取り入れることが可能です。
折り鶴シャワーは退場時に行われるものであり、キリスト教式で行うフラワーシャワーの和風の演出になります。
鶴は一生つがいでいることから縁起が良いことでも知られており、夫婦の幸せを祈って行われます。

神社結婚式に関する情報サイト
神社結婚式って何?

このサイトでは神社結婚式とは何かを紹介しています。
神前式は、神社に祀られている神様の前で結婚式をおこなうことです。
衣装は白無垢や色打掛が多いです。
費用は、神社によりますが、10万円台から執り行うことができます。
記念写真は、境内などで新郎新婦で撮る場合や参列者を交えて集合写真を境内の中で撮影することが多いです。
披露宴は、神社に併設されている会場でおこなうことができる神社もありますが、会場がない場合は、提携施設で執り行える場合があります。

Search